食品安全情報blog過去記事

はてなダイアリーにあった食品安全情報blogを移行したものです

HHSの検察長官Daniel R. Levinsonによる下院予算委員会農業地域開発FDA及び関連機関と食品供給網のトレーサビリティに関する小委員会における供述書

Testimony of Daniel R. Levinson, Inspector General (PDF), before the U.S. House of Representatives Committee on Appropriations Subcommittee on Agriculture, Rural Development, Food and Drug Administration, and Related Agencies on Traceability in the Food Supply Chain
03-26-2009
http://www.oig.hhs.gov/testimony/docs/2009/FoodTraceability-032309a.pdf
米国では毎年食中毒による入院が30万件以上、死者は5000人になる。FDAが食品の安全性の担当であるが、食中毒の原因食品の追跡は不十分である。小売店から購入した40食品のトレーサビリティを調査したところ、サプライチェーンの各段階で追跡できたのはわずか5件のみであった。31食品については製造や取り扱いを行った施設が同定できたがロット情報が保持されていないため推定に留まる。残り4つの製品については取り扱い施設すら同定できなかった。