食品安全情報blog過去記事

はてなダイアリーにあった食品安全情報blogを移行したものです

その他

  • 農薬禁止を巡る戦いで、トランプのEPAが科学を弱体化させようとする

Scienceニュース
In battle over pesticide ban, Trump’s EPA aims to undermine the science
By Corbin Hiar, E&E NewsAug. 23, 2018
http://www.sciencemag.org/news/2018/08/battle-over-pesticide-ban-trump-s-epa-aims-undermine-science
E&E Newsから
子どもの脳の傷害と関連するとして広く使用されている農薬を禁止することにつながった影響力の大きい研究の背景にある科学をトランプ政権が攻撃している。その主張は農薬業界を反映している。
連邦上訴裁判所が今月トランプのチームに打撃を与えた。EPAクロルピリホス完全禁止を履行するよう命令したのだ。これはオバマ政権時代に提案されていてScott Pruitt EPA長官がさらに5年の研究を求めて却下していたものである。
裁判所に叱られたのでEPAは禁止の理由になったコロンビア大学子ども環境健康センターの研究に標的を定めた。EPAのMichael Abboud広報担当は裁判所の判断の背景にあるコロンビアセンターのデータが入手できずEPAの評価を妨げている、という。これは農薬業界団体のCropLife Americaの主張と同じである。
(中略)
この2006年のコロンビア研究は、妊娠中にクロルピリホスに暴露された女性から生まれた子どもは発達遅延や注意欠陥を患う可能性が高いことを明確にした最初のもので、ニューヨーク市の低所得有色人種コミュニティーの250人以上の母子で3年以上にわたって行われ、Pediatricsに発表された。これが2007年に環境団体がクロルピリホスを完全禁止するよう要請することにつながった。EPAは急性中毒リスクのために既にクロルピリホスの屋内使用を禁止しているが農家が戸外で使うのは認めていた。この研究は2015年にオバマ政権が請願に応じてクロルピリホスを完全禁止することに合意した時の重要な根拠となった。
大学は個人情報保護を理由にデータ開示を拒否し続けている
(長い記事だけど陰謀論が過ぎる。データ開示要求自体はどの陣営だろうと当然だろう。たった250人の交絡要因たくさんありそうな観察で膨大な毒性試験データがひっくり返せるというのならなおさら。
クロルピリホス
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/iken-kekka/kekka.data/pc2_no_chlorpyrifos_300117.pdf

  • ニュース一覧から

Science 24 Aug 2018:Vol. 361, Issue 6404, pp. 734-735
・遺伝子組換え動物がOKになるのはどんな時?
Pew リサーチセンターが米国成人に尋ねた結果、多くの人はヒトの病気対策などは支持する。全ての事例で科学知識の多い人のほうが受容度が高い
(最も支持の少ない「水槽の魚を光らせる」が真っ先に実現しているあたりが闇。まともに対応しようとする人たちに対して最も厳しい要求をして実現を阻み、野蛮なやつらがやりたい放題。「市民に力を」ってそういうことを目的にしていたわけじゃないだろうに)

The NGO Tax
Posted by RiskMonger on August 24, 2018
https://risk-monger.com/2018/08/24/the-ngo-tax/
嘘だったら良かった−でも愚か者の時代には驚くべきことなどない
・ドイツがバイテク製品への課税を議論している
・そのお金は「予防的リスク研究」資金となる
・それでドイツの現行のリスク評価システムを置き換える予定
・その委員メンバーは環境や健康NGOが監視する
常軌を逸している。ドイツは企業や技術革新を憎むナチュロパスにお金を渡すために革新的製品に課税することを真剣に考えている。それは進歩を阻むものになるだろう
この政策案は反GMO Testbiotech NGOの要請で環境活動家弁護士Cornelia Ziehmが書いたものである。
定義はされていないが、予防的リスク研究ではある製品や工程は疑いようもなく完全に安全であることを要求する。もちろんこれは馬鹿げている。
鶏小屋にキツネが放たれようとしている。
(長い記事、いろいろ略)

  • アンテリジェンス:定義

Untelligence: A Definition
August 26, 2018
https://risk-monger.com/2018/08/26/untelligence-a-definition/
造語。同義語は愚か、不合理
対義語:インテリジェント、科学的

  • 裕福なアメリカ人は自分が思っているより食品や栄養について知らない

Wealthy Americans know less than they think they do about food and nutrition
April 13, 2018
https://theconversation.com/wealthy-americans-know-less-than-they-think-they-do-about-food-and-nutrition-94796
食品に関する態度には社会経済状態が重要な役割を果たす−特に安全性と購入行動には。そして収入の高さと情報を与えられた上での選択は必ずしも相関しない。逆に、我々の研究では、裕福なアメリカ人のほうが健康と栄養についての自分の知識を過信する傾向があることを示している。
ミシガン州立大学のフードリテラシーと参加世論調査では、年収5万ドル以上の家庭の約半分(49%)が世界のフードシステムについての自分の知識は平均以上だと信じているがそれ以下の年収では28%に過ぎない。しかし食品に関する各種トピックスについて調べてみると、裕福な人の方が成績が良いわけではなく、時に低年収の人より悪い。
(中略)
我々は裕福なアメリカ人はオンライン、友人、家族、直売場、高価な商品を売る店、で根拠のない情報に出会う可能性が高いのではないかと疑っている
(お金があると自信につながるんだ。知識はないけれどお金のある人って詐欺師にとってはいいカモだし)

  • 朝食シリアルの箱が描いてある一食分が多すぎると批判される

Breakfast cereal boxes criticised for depicting portions that are too big
26 August 2018
https://www.telegraph.co.uk/news/2018/08/26/breakfast-cereal-boxes-criticised-depicting-portions-big/
British Dental Journalに発表された研究で、13の朝食シリアルの箱の絵や健康強調表示や栄養含量を調べた。いくつかのシリアルは重量の1/3以上が砂糖である。箱の画像は90gも含まれているが推奨量は30gである。
(確かにキャラクターが食べてるのは大きい入れものにいっぱい、の場合が多いのだけど・・)

  • 暴力的出産:出産時の強制的手法を産科暴力として再構成する

A VIOLENT BIRTH: REFRAMING COERCED PROCEDURES DURING CHILDBIRTH AS OBSTETRIC VIOLENCE
MARIA T.R. BORGES  Duke Law Journal
https://scholarship.law.duke.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=3924&context=dlj
(米国では多くの女性が自然出産を希望しているのにも関わらず鉗子を使われたり帝王切開を強制されたりしている。それを犯罪にしたいと主張。ロースクールってこんなこと教えてるのかと驚いたので。いくら法律を変えたって出産が命がけである事実は変えられない。医者、逃げるしかない。裁判所の判決を出すのがこういう人たちなのだから恐ろしい。)

  • 恐ろしい豚の病気の到着が中国の惨劇となるかも

Arrival of deadly pig disease could spell disaster for China
Dennis Normile  Science 24 Aug 2018: Vol. 361, Issue 6404, pp. 741
アフリカ豚コレラ(ASF)が中国で発生した
(中国、トリフルを抑えたようになんとかできるのだろうか?)

  • もと米国CDC長官が痴漢で逮捕

Natureニュース
Former head of US CDC arrested over alleged groping incident
24 August 2018
https://www.nature.com/articles/d41586-018-06083-z
Tom Friedenが無理矢理さわった、性的虐待、ハラスメントで訴えられる
ニューヨーク市警察が8月24日逮捕。55才の女性が2017年10月に痴漢されたと訴えている。
(???CDCの前はNYCでトランス脂肪対策とかに携わった人)