食品安全情報blog過去記事

はてなダイアリーにあった食品安全情報blogを移行したものです

意見等

Re-evaluation of sodium, potassium and calcium salts of fatty acids (E 470a) and magnesium salts of fatty acids (E 470b) as food additives
EFSA Journal 2018;16(3):5180 [34 pp.]. 2 March 2018
https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5180
EFSAの食品添加物及び食品に添加される栄養源に関するパネル(ANSパネル)は、脂肪酸のナトリウム・カリウム・カルシウム塩(E 470a)および脂肪酸マグネシウム塩(E 470b)を食品添加物としての使用の再評価に関する科学的意見を提出した。1991年に食品科学委員会(SCF)は、脂肪酸(ミリスチン酸、ステアリン酸、パルミチン酸、オレイン酸)とその塩のグループ一日摂取許容量(ADI)を「特定しない」に設定した。脂肪酸のナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム塩は、胃腸管で脂肪酸カルボキシレートとそれに対応する陽イオンに分離すると予想される。これらの脂肪酸の塩について、亜慢性毒性、慢性毒性、生殖及び発達毒性に関するデータは得られなかった。カプリル酸カルシウム、オレイン酸カリウムステアリン酸マグネシウムに、変異原性の懸念は認められなかった。オレイン酸ナトリウムの発がん性試験からは、無毒性量(NOAEL)は導出できなかったが、この物質は発がん性を示さないと考えられる。E 470aとE 470bの主な脂肪酸であるパルミチン酸とステアリン酸は、既に食品添加物E 570の再評価で安全上の懸念はないと判断されている。食事由来の全ての飽和脂肪酸の合計摂取量に対し、E 470aとE 470bの脂肪酸部分の寄与は、最大で5%であった。総合的にみてANSパネルは、食品添加物としての脂肪酸のナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム塩(E 470aおよびE 470b)について、ADIの数値を設ける必要はなく、報告されている使用法と使用量において安全上の懸念を生じないと結論付けた。

  • EC規則No 1829/2003に基づく遺伝子組換えトウモロコシNK603 x MON810の認可更新(申請EFSA-GMO-RX-007)に関する評価

Assessment of genetically modified maize NK603 x MON810 for renewal of authorisation under Regulation (EC) No 1829/2003 (application EFSA-GMO-RX-007)
EFSA Journal 2018;16(2):5163 [10 pp.]. 26 February 2018
https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5163
Monsanto社がEC規則No 1829/2003に基づいてEFSA-GMO-RX-007の申請を提出したのを受けて、EFSAの遺伝子組換え作物に関するパネル(GMOパネル)は、除草剤耐性および昆虫耐性遺伝子組換えトウモロコシNK603 × MON810の認可申請の更新に関連して提出されたデータに関し、科学的リスク評価を導出するよう求められた。この更新申請に関連して受領したデータには、市販後環境監視報告、文献の体系的調査および評価、更新された生物情報学分析データ、および追加データないしは申請者やその代理者が行った試験データが含まれている。GMOパネルは、新規ハザードの可能性や暴露シナリオの変更の有無、あるいは最初の申請に関連する評価では浮かび上がらなかったが認可期間中に新たな科学的不確実性が確認されなかったかどうかに関して、これらのデータを評価した。GMOパネルは、更新検討中のトウモロコシNK603 × MON810に含まれるイベントのDNA配列が、当初の評価におけるイベントの配列と同じであるとみなすと、更新申請EFSA-GMO-RX-007については、トウモロコシNK603 × MON810の当初のリスク評価の結論を変えるような新しいハザード、暴露シナリオあるいは科学的不確実性の証拠は認められないと結論付けた。

  • 殺虫剤や防虫剤として植物保護に使用されるカシア・アマラの木部の抽出物に関する基本物質申請について、加盟国とEFSAとで実施した意見募集の結果

Outcome of the consultation with Member States and EFSA on the basic substance application for Quassia amara L. wood extract for use in plant protection as insecticide and repellent
2 March 2018
https://www.efsa.europa.eu/en/supporting/pub/1382e
カシア・アマラ(Quassia amara L)の木部の抽出物は、水またはエタノールと水の混合物での抽出により得られる苦味物質で、主成分はカシノイドであり、木部中に0.1%含まれる。
ピアレビューの段階で、哺乳類における毒性データに不足があることが認められているが、現段階では申請者による対応は示されていない。遺伝毒性に関する包括データに不足がある。生殖毒性や内分泌攪乱性の懸念も確認されている。
抽出物の残留物に対する消費者の暴露評価も結論の導出に達していない。残留物として選択された物質の適切性についても情報不足である。
環境における挙動についてはデータが得られていない。吸収・消失試験のデータも不足が認められる。
環境毒性の分野について提示された情報は、典型的な使用に基づいた場合、非標的生物におけるリスクは低いと判断するのに十分であった。